みるおじさんの独り言

文字が多いですけど、頑張ってくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北方領土(2月7日は北方領土の日)

20050208144256s.jpg


まずは、北方領土の外交上から見てみます。

 1855年2月7日、伊豆半島の下田で、江戸幕府とロシア使節との間で「日露通好条約」が調印された。これにより、両国の国境は択捉島とウルップ島の間となりました。
1875年、日本はロシアと「樺太千島交換条約」を結び、千島列島をロシアから譲り受けるかわりに、樺太全島を放棄しました。この条約には、譲り受ける千島列島としてシュムシュ島からウルップ島までの18の島の名前をあげています
 このことは歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島が、千島列島に入らないことを物語っています。
 1905年、日本とロシアは「ポーツマス条約」を結び、南樺太が日本領となりました。
  太平洋戦争終結後の1951年「サン・フランシスコ平和条約」が結ばれ、日本は千島列島・南樺太を放棄しましたが、日本が放棄した千島列島とは、ウルップ島より北の島のことで、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四島はその中に含まれていません。 この条約の署名をソ連が拒否したために、日本はソ連との間で個別に平和条約を結ぼうとして、交渉を始めました。
 そして、1956年10月19日、日ソ共同宣言により、以下のようにされました。
 
 1【戦争状態の終結】
 2【外交及び領事関係】
 3【国連憲章の原則・自衛権・不干渉】
 4【日本国の国連加入】
 5【未帰還日本国民に対する措置】
 6【賠償・請求権の放棄】
 7【通商関係の交渉】
 8【漁業協力】
 9【平和条約・領土】

 このなかで、「9」なんですが、よく読むと北方4島の完全返還は記載されておりません。私も、勘違いしていた時がありまして、実は、歯舞、色丹の2島の返還を「日ソ平和条約締結後に返還」とあり、実は、共同宣言のみでは返還を義務付けてはいないのです
 なぜ、平和条約が締結されなかったか。それは、どう考えても日本が受け入れることが出来ない内容で(在日米軍撤退、共産化など)、日本政府と、アメリカ政府の反対により、未だに締結されていません。もちろん、ソビエト政府も、そのことは知っていましたから、どんな内容でも良いわけで、返すつもりは無かったのかもしれません。
 
 つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメント感謝

みるおじさん、コメント感謝です。日本国としてのプライドはどこへ行ってしまったのか?と李登輝前総統がおっしゃられたことがありますが、まったく今はそういう状態。安保世代がリタイアすればすこし変るかなと期待していますが・・・・・。

  • 2005/02/09(水) 12:54:45 |
  • URL |
  • ethnic #JalddpaA
  • [ 編集]

なかなかこの問題は解決に至りませんね…
早期二島返還論とかいろいろありますけど…
終戦後のソビエトを中心とする共産圏と、アメリカを中心とする資本主義陣営の争いのため、なかなか解決できずここまで来てしまいましたね…
今後解決の糸口はあるのでしょうか…

残念ながら、今の政府の対応を見ると、
かなり期待できませんね…

  • 2005/02/09(水) 18:49:04 |
  • URL |
  • キム総帥 #BGeYoyio
  • [ 編集]

 確かに、今の政府は対応が遅いですねぇ。けど、感情的にならず冷静に対処しているとは思います。でも、全島返還は、なにかキッカケが無い限り、ムリそうですね

  • 2005/02/10(木) 22:25:47 |
  • URL |
  • みるおじさん@管理人 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://milwis.blog4.fc2.com/tb.php/23-17894473

東京宣言堅持を

日露が国交を開き、北方四島を日本の領土と定めた日露通好条約の締結(1855年)から150年となる2月7日、北方領土問題の早期解決を目指す「北方領土返還要求全国大会」が都内で開かれた。ロシア側が歯舞諸島と色丹島の「二島返還」での決着を図ろうとするなか、四島の帰属

  • 2005/02/08(火) 21:52:20 |
  • 何でも書き書きエッセイ

南樺太

日本地図を見ると、北海道の北にある島、樺太の真ん中に国境線が引かれている。また、樺太と北海道の間にある宗谷海峡にも国境線が引かれている。なんで2本も国境線が??答えは、南樺太の領有国が未定だから。経緯は以下のとおり。・樺太が島として確認された17世紀以降、

  • 2005/03/11(金) 20:20:32 |
  • 富豪SEへの道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。