みるおじさんの独り言

文字が多いですけど、頑張ってくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会のトリビア その2

続きです
20050206152940.jpg

Q. 議長席には鳴らされたことのない鈴があるというのは本当ですか?
A.  衆参本会議場の議長席に鈴が置いてあることは、あまり知られていません。これは議場の静粛を保つために用意されているもので、両院の議院規則では、議長が鳴らしたときは何人も沈黙しなければならないものとされています。
 参議院ではこの鈴を「振鈴(しんれい)」と呼んでいますが、実はこの鈴、1度も鳴らされたことがありません(貴族院でも鳴らされたことがなかった)。
20050206152949.jpg

Q. 本会議を開会するとき、議長がたたく木槌は何というのですか?A.  参議院の本会議場の議長席には、ちょっと古風な木槌(きづち)が置いてあります。これは「ギャベル」と言い、本会議に出席した議員の注意を引くために使う道具です。議長は本会議を開会するときなどに、ギャベルを「トントン」と打ち鳴らします。
 この木槌は、参議院の議員団が昭和25年にアメリカ上院を視察した際、おみやげとして持ち帰ったのがきっかけで使用されるようになりました。一時期は各委員会でも使用されていましたが、現在は本会議のほか、議院運営委員会で使用されているだけで、他の委員会や衆議院では使用されていません。ギャベルでたたくのは机ではなく、フェルト張りでできた専用の叩き台(本会議場のみ)で、ソフトな音が出るようになっています。

Q. 国会ではどうして議員を「君」づけで呼ぶのですか?
A.  本会議などで議長が発言議員を指名する際、一般的に「○○君」という言い方をします。
 なお、参議院規則(208条)では、「議員は、議場又は委員会議室において、互いに敬称を用いなければならない。」と定めています(衆議院規則にも同様の規定があります)。
 帝国議会の貴族院にもこのような規則がありました。その当時、「君」は、政治家や官吏(現在の公務員に当たる者)に対する敬称として使われていたため、帝国議会でも、規則で定められた「敬称」の具体的な表現として使われました。それが、現在まで慣習として残っているのです。
20050206152954.jpg

Q. 議事堂にはいろんな種類の石材が使われているというのは本当ですか?A.  国会議事堂は、外装用として、花こう岩3種類、内装用(装飾用)として大理石が33種類蛇紋岩(じゃもんがん)2種類珊瑚石灰岩(さんごせっかいがん)1種類橄欖岩(かんらんがん)1種類日華石(にっかせき)1種類の石材が全国から集められ、使用されています。その中から、大理石をはじめ、特に素晴らしい石材を使った場所を3か所、ご紹介します。
 まず議員が主に登院・退出する際使用する参議院の玄関です。床は山口県美祢市(みねし)産の「霞(かすみ)」、「薄雲(うすぐも)」および「黒霞(くろがすみ)」大理石が、壁には山口県秋芳町秋吉(しゅうほうちょうあきよし)産の「鶉(うずら)」大理石と埼玉県皆野町(みなのまち)産の「貴蛇紋(きじゃもん)」蛇紋岩が使われています。次に中央塔の内部にある中央広間ですが、周囲の壁や柱にはサンゴや巻貝の化石などが見られる、沖縄県瀬底島(せそこじま)産と宮古島産の珊瑚石灰岩が使用されています。また、床は福岡県北九州産の「金華(きんか)」を含む13種類の大理石を使ったモザイクでできており、モザイクの数は約100万個に及んでいます。
 最後は中央階段ですが階段は茨城県常陸太田市(ひたちおおたし)産の「茨城白(いばらきしろ)」大理石、壁は徳島県阿南市(あなんし)産の「時鳥(ほととぎす)」大理石が使われており、その美を競っています。
20050206153000.jpg

Q. 議事堂の中央塔の中はどうなっているのですか?
A.  国会議事堂中央部分は高さ約65メートルで、2階から6階部分までは中央ホールの吹き抜けになっており、その高さは約33メートルです。その上に高さ約5メートル、面積270平方メートルの正方形の形をしたホールがあります。天井には16個のランプが円形に飾られており、床は木のモザイクでできています。窓は一辺に5個、それが四方についてます。このホールは、現在、安全性の問題などから公開されていません。また、そのホ-ルの中央に長いラセン階段があり、上ると中央塔の頂上にあたる展望室に出ます。展望室は、広さ13平方メートルの狭い部屋で、かつてはそこから東京中の景色が展望できたそうです。
20050206153006.jpg

Q. 中央広間にある銅像はだれの銅像ですか?
A.  国会議事堂の中央塔の真下は、大きなホールになっていて中央広間と呼ばれており、その四隅には銅像が3体立っています。それらはいずれも日本の議会政治確立の功労者である伊藤博文 (初代貴族院議長、初代内閣総理大臣)、大隈重信(日本初の政党内閣を樹立)、板垣退助(自由民権運動の旗手)の3人です。これは明治憲法の発布50周年を記念して、昭和13年(1938年)2月に建てられたものです。
 残りの一隅には、銅像がなく、空の台座だけが置かれています。空の理由には、いくつかの説があり、政治は常に未完であることから、より偉大な政治家の登場を希望している象徴等と言われています。
 なお、参議院にはこのほか伊藤博文の銅像がもう一体、木立に囲まれ前庭に立っています。これは昭和11年10月、初代の貴族院議長伊藤博文の功績を後世に伝えるため春畝公(しゅんほこう・伊藤博文の雅号)追頌会(ついしょうかい)により建てられ、その後貴族院に寄贈されたものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://milwis.blog4.fc2.com/tb.php/21-7744a61d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。