みるおじさんの独り言

文字が多いですけど、頑張ってくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"トラ・トラ・トラ"の語源

 hawai1s.jpg


 12月8日(7日?) 真珠湾上空で、淵田中佐が送った電文(いや、電信員だろって突っ込み無しで)
 "トラ・トラ・トラ"
 意味は、"我、奇襲二成功セリ"です。
 まあ、ここまでは、軍オタでなくとも、知ってそうですが、さて、なぜ、"トラ"なんでしょうか?
 "タイガー(トラ)"からきたのかと、思う人もいたようですが、実際は、こうです。

 モールス信号の「・」は、「ト」と言い、電文を打つ際の基本の一つです。日本軍は、これを色々と使いまして、「我、突撃セリ」の場合は、「ト」を継続発信させています。俗にいう「ト連送」という物です。
 で、「トラ」の場合。「ムラサキ」を四つに分けて、それぞれに「ト」を付けたのです。つまり。
「トム」「トラ」「トサ」「トキ」
と言った感じです。
 そう、奇襲に成功したとき以外の電文も、一緒に考えられていたのです。それらは、調べきれなかったですが、恐らく「奇襲失敗」「強襲す」「引き返す」等々では、なかったと推測します。
 その中で、たまたま、奇襲に成功したという意味が「トラ」だったに過ぎないという事です。





 「トムトムトム、我、奇襲ニ成功セリ」・・・あまり、締りませんねw
 
スポンサーサイト

パラオの国旗

 palau.gif


パラオの国旗が日の丸(正式名は、日章旗)に似ているというのは有名な話ですが、その国旗の意味は、あまり知られていません。
 まず、パラオの国旗は、1981年、パラオ自治政府が国民に国旗を公募したところ、日の丸を模した物が多かったそうです。パラオと日本の関係は、色々なところで紹介されていますので、説明を省きますが、とにかく近代文明を持ち込んだのは、第一次世界大戦終結後の日本なのです。
 ですから、「シャシン」「ゴミステバ」など、日本語がそのまま、現地の言葉になっている事が多いといいます。
 で、国旗の意味ですが、背景の青は、「豊穣」「平和」を意味し、中央の黄色い○は、「月」を意味します。
 ちなみに、日の丸は、「月」のところが「太陽」でしたね?
 ここで、小学校で習ったであろう、太陽と月の関係を思い出してください。
「月は、太陽の光を受けて輝く」
 では、これを踏まえて・・・
「月(パラオ国旗)は、太陽(日の丸)の光を受けて輝く」
 つまり、「パラオは、日本の光を受けて輝いている」
という意味なのだそうです!
 うーん、かなり親日な国なんですね!!
 まあ、アジアで反日なのって、中国と韓国くらいですからね・・・でも、華僑が強い国は、どうしても反日的な報道になりがちなので、注意してニュースを聞く必要があります。

 では、久しぶりの更新を終わりまっす

かなり久しぶりの更新

 こんにちわ、そして、お久しぶり・・・
 飽きて更新サボってたわけでないのですよ。
 言い訳↓
・実家に引っ越した
・実家にはISDNしかない
・貴重な回線は、廃人と化した妹に占領され、HUBすらかましてくれない
・一番近いネットカフェまで49km ○几

 なので、ネットカフェで稀に更新するかもです^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。