みるおじさんの独り言

文字が多いですけど、頑張ってくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状のMD体制

 20050216100457s.jpg


 現在、提出中の自衛隊法改正案(ミサイル迎撃手続きに関する自衛隊法改正案)が成立した場合、現有のペトリオット(PAC2改)で迎撃する方針を固めた。 空白解消の為というが、まあ、当然のことである。ちなみに、湾岸戦争で、スカッドミサイルの迎撃をしたのが、このPAC2である。
 なにやら、湾岸戦争で活躍したから、ペトリオットを導入したと勘違している人もいるようだが、湾岸戦争が始まる前から、自衛隊では、ナイキからペトリオットへの更新は始まっていた(この時のペトリオットはPAC1)
 さて、命中率はどうだったか・・・どうやら、命中率は一桁だったようだ。だが、これは数字のマジックのようなものかもしれない。
 戦争中、イラクが撃ったスカッドミサイルの発射数は、少ないのだ。つまり、2発中1回失敗すれば50%となり、それが、100発中50回失敗するのかといえば、そうではない。つまり、実際のところは、公式発表がないので、未知数である。
 だが、もともと、航空機を迎撃するように作られ、近接信管により目標を破壊する方式であるため、命中率云々より、確実性が疑われている。 しかし、私が思うには、直接ぶちあてる方式より、近接信管の方が確実性があるのではと考える。
 スカッドミサイルの落下速度は、マッハ10以上であり、その速度で破片(鉄の棒やミサイル自体破片)の中に突入すれば、かなりの威力になるのではないだろうか?

 この法案審議で、気になったのは「文民統制」である。これを用いた議論もおかしなものというか、危機感が全く感じられない。何故、弾道ミサイルに限って、ここまで神経質な対応が必要なのだろうか? スクランブルは、首相の許可を取ってから発進はしていない。現場判断であり、それは、「その余裕がない」からである。
 スクランブルは、発見してから10分以内(早い時には5分以内)には、離陸している。
 だが、領空侵犯より脅威度が高く、意図が明確な弾道ミサイル迎撃に、これほどの手間をかけなくてはいけない理由はなんだろうか? 岡田幹事長や、反自衛隊議員の嫌がらせと思ってしまう。
 まあ、あらかじめ発令しておいて、あとは発見しだい迎撃できるケースもあるようなので、こちらに期待をしたい。
 
 国滅んで、法律だけが残る・・・こんな自体は、限られた人間のヒロイズムに過ぎない。人間が望むのは、生きることであり、主義などは、生きる為の方便にすぎないのだから。 

 ちなみに、PAC3の配備が始まるのが2006年末、海上発射型のSD3は2007年からである。
 蛇足ながら、現在、開発中というは試射まで済ませた、新中距離対空ミサイルにもミサイル防衛能力があり、射程以外ではペトリオットを超える性能らしい。こちらも、期待したいところです。
スポンサーサイト

ミサイル防衛への布石

 20050212095513.jpg

 ミサイル防衛のため、自衛隊法改正案が提出された。
 改正案は「弾道ミサイルとその他が、日本に飛来する恐れがあり、落下による被害を防止するため」と規定、「その他」には、ミサイルの部品を含むとした。 これにより、日本以外(アメリカ本土やハワイ)を狙った弾道ミサイルであっても、日本領土上空の推進部分などが切り離され、落下してきて被害がでるため、ミサイル本体を迎撃できることになった。
 もし、北朝鮮が弾道ミサイルを発射すると、日本(東京であり、日本海側だともう少し早い)に着弾するまでに、10分しかない。現行自衛隊法だと、安保会議を開き、閣議決定するという防衛出動発令の手順を踏んでいては、手遅れになる。
 このため、発射の時点で防衛庁長官が首相からの承認を得て、部隊に迎撃を命ずるというのが改正案の内容である。
 これでも、ちょっと遅い気がするが・・・スクランブルの時は、防衛庁長官止まり(実際は、方面隊司令官が指示(命令ではない))なのだから、もっと緊急性を要する弾道ミサイルが首相まで行かなくてはいけないのは何故だろう・・・もしかしたら、この後に、追記されてスクランブルと同じ手順になるのかもしれない。
 この改正案提出には、「集団的自衛権」をめぐる議論がある。だいたい、「集団的自衛権」と「個別的自衛権」などは存在しない。政治家が苦し紛れに作った「言葉遊び」の産物である。このおかげで、後世の我々が苦労することになる。まあ、これについては、そのうち書くので割愛させてもらいます。
 で、反対派は、米本土やハワイなどに向けた弾道ミサイルを、日本が迎撃するのは、集団的自衛権の行使にあたるとしている。その反対派は、隣の家が火事になっても、自分の家に延火する恐れがあるのに気付かず、「集団的消火権」に当たるとして、消火をしないのだろうか?
 もし、消火をせずに、そのまま放置しておいたら、お隣さんと関係がギクシャクするのは、当然である。それと同じことが、日本とアメリカにも起こることは明白であろう。反対派は、こんな簡単なことが想像できないのだろうか?

 だが、こんなまどろっこしい改正案を作ることではなく、「集団的自衛権」などどという憲法解釈を撤回させるか、憲法そのものを変えなくては、根本的な解決はできないであろう。
 もう、破れた袋を補修しながら使い続けるには限界ではないか。袋そのものもを買い換える時期に来ているのではないだろうか北朝鮮保有弾道ミサイルのデータ

20050212095525s.jpg

これはオマケw

予備自衛官召集訓練参加ス

 一月二十三日、東京地方連絡部において、予備自衛官召集訓練がありました。予備自になって初の訓練なので一日訓練で1000時~1400時だけです。もち、食事は防衛庁の隊員食堂なので、食費は無料、交通費も支給。まあ、国からのお呼びで、命令としての公務なので当然といえば当然です。会社でいえば、必要経費と一緒です。
 訓練内容は、座学というか説明会のようなものでした。一番、印象に残ったのは、昼食後、係員の方の計らいで、防衛庁の敷地の一部を回ってくれたことです。そこで、おお!って感動したのは、大本営を見れたことですね。いやぁー堂々とした気品ある建物です。まあ、実際の思っていたより小さいですが・・・札幌時計台を見たときと同じだとおもってください(マテ
 んで、待ちに待った日給支給です。一日訓練なので8000円+2か月分の予備自手当てが8000円、交通費は近隣なのでなし。そこから税金が引かれて14700円! ウマイ、ウマスギル! 最初だけなんですがね。
 あとは、自衛官時代に入っていた団体保険にOBとして入会できるってことなので、入会しました。これ、すっごい安いんですよ。一千万で年額2万以下!なんですよ。保障金額も普通の保険と変わりませんし。
 いま、民間の保険に入ってますので、入院保険だけ残して、あとはこれにしようかなと思案中。そしたら、月に一万円は節約できますし。
 
 民間人から予備自になるには、予備自衛官補に志願し、そこから選抜されてなることができるようです。まあ、OBじゃないと、この保険には入れませんが。あ、もちろん、この保険は民間がやってる保険ですよ^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。